« フリーの素材ダウンロード | トップページ | "Tonight" »

2008年10月21日 (火)

keynoteでモーフィング

MetasequoiaのボーンプラグインKeynoteの使い方のまとめ モーフィング編

あまりの解説のなさに凹んだので他の初心者のためにもTIPSを書いときます。字が汚い等の苦情は受け付けませんw
教材はこのカラスでやります。人間よりシンプルなので多少は楽かな?

1_1_2 今回は2番目の胴体に口を開けたポーズを追加します。

まずはモーフィングさせたいものを複製して、名前を変えます。名前の書式は

「elem:モーフィングの名称-ターゲットの名前」

です、今回だと

 

モーフィングの名称→口開け

ターゲットの名前→胴体

になります。 

  

出来たらそのオブジェクトを移動やマグネット等で変形させます。頂点や面が増えたり減ったりするようなことはダメです。あくまで頂点を動かすだけです。

2_12_2

上を変形させて下の口開けポーズを作ります。編集コマンドの対称ボタン必須です。

出来たら、ボーンプラグインを起動させます。出てきたパネルの小さなスライダを右クリックします。

3_1















するとモーフのリストが出てくるので口開けをクリック

3_2











これでスライダが動かせるようになりますので自由に動かしちゃってください。

4












スライダが動かせる状態ではコピー&ペーストが使えます。コピーしたくない時は右クリックメニューの選択を解除を使うとコピーされません。


 

« フリーの素材ダウンロード | トップページ | "Tonight" »

3D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103381/24651467

この記事へのトラックバック一覧です: keynoteでモーフィング:

« フリーの素材ダウンロード | トップページ | "Tonight" »

オススメMEIKOさんの曲

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ