« HDRレンダリングって何じゃらほい(前の続き) | トップページ | すでに日記ではなく »

2009年4月14日 (火)

タイの暴動を見てて

今回の暴動の首謀者タクシン元首相はプレミアリーグのマンチェスターシティーを買おうとしてたほどのお金持ちだった。
「お金儲けなんてコツさえつかめば簡単なことですよ」
などといってた。だが今回の金融危機でかなりの資産を失ったものと思われる。何せ所在不明どころか生死すら不明だったくらいだ。

そして今回の赤服(=タクシン派)によるデモ騒ぎ。これは間違いなくタクシン最後の賭けだ。全財産を使ってでも政権を奪い返し首相の座に返り咲くつもりだろう。CNNのインタビューに出てた(居場所すら極秘で!だが)くらいだ、表立って自ら首相になるつもりなのだろう。

全財産というところで疑問に思うかもしれないが、なぜそんなに金がかかるかというと答えは簡単。デモ隊には給料が出てるといわれてるから。去年の黄服(=反タクシン派)による国際空港占拠騒ぎのときにおかしいと思うよね普通。あれだけの人数が占拠してて飯はどうしているのか?あの人たち仕事はどうしたのか?ここまで言えば大体答えはわかるだろう。

タイは最近ミャンマーからの移民や密入国者が増えて治安や雇用が悪化している。そこへ今回の金融危機で相当なダメージを受けている。

また、タクシン派は華僑系が多い。今回の騒ぎにも裏にタイの政治を操りたい中国がいるとも言われている。日本も他人事ではないということを肝に銘じておきたい。

ただ今回にしても結局はプミポン国王の一喝で短期的な騒動は治まると思われるのであまり心配はしていない。ただ、国王自身もあまり政治に介入したくはない様でややしばらくはこのような状態が続くものと思われる。

国民の絶対的な信頼を受けている国王も高齢だ。その国王亡き後、タイ国内がいったいどうなっているのか?それは私にもわからない・・・というチラ裏でした。

この読みがあっているのかどうかは自分で考えてくださいな。私にもわからんし。そして正解は10年20年後にわかるでしょう。

« HDRレンダリングって何じゃらほい(前の続き) | トップページ | すでに日記ではなく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの暴動を見てて:

« HDRレンダリングって何じゃらほい(前の続き) | トップページ | すでに日記ではなく »

オススメMEIKOさんの曲

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ