« MMD杯の予選 | トップページ | MMDよしえver1.05 »

2010年1月31日 (日)

2010モデルのマクラーレン

F1のマクラーレンとフェラーリの今年のモデルが発表になりましたが、マクラーレンのデザインがすごい革新的・・・というかキモイ件w 先に言っとくが私は最近F1をほとんど見ていないうえに空力のプロでもなんでもないのでほぼ妄想で語っていますよん

http://f1-gate.com/f1car/f1_6328.html

↑を見ながら去年のモデルと比較すると
1.ボディ1番前のノーズの位置が高くて薄い。その上バナナっぽくなく直線的
 ローノーズからハイノーズになったのが10年ちょっと前かな?どんどん高くなっていくのはボディ断面を翼型として考えたとき、キャンバーを大きくする事でダウンフォースを大きくするためでしょうか。しかしクラッシュ時の衝撃吸収はこの薄さで足りるのか?そしてこれ以上あげるのは前方視界の関係上無理だ、さてどうする?

2.エキゾーストの出口がボディと平行になった。
 去年のモデルは排気をリアウイングにぶつけるデザイン。それに対して今年のはボディ上の空気を加速してミッドウイング(っていうのか?)に流れる空気を加速させるデザインになっている。F1は使えるものは排気ガスでも使う。排気の流れ方はフェラーリの後部ボディの黒い部分を見るとわかりやすい。

3.ホイールベースがタイヤ半分くらい伸びた。
 レギュレーションで燃料搭載量が増え、重量が増えたのをホイールベースを伸ばして重量バランスを帳尻あわせ+ダウンフォースも増加でせうかね?

4.ドーサルフィンを付けてインダクションポットとリアウイングを繋いだ。
 ここ1,2年の流行ですねドーサルフィン。モータスポーツ系のマスコミサイトなんかでは姿勢変化に対するダウンフォースの変化を減らすと書いてあるけどそれなら重心から離れたリアウイングステーをでかくして垂直尾翼を大きくすればいいわけで。そもそもラリーほどスリップアングルの大きくないF1でどれだけの効果があるんだろう。それに、あの位置にウイングがあったらアウト側しかダウンフォースが増えないような・・・

ツッコミどころ満載の記事だと思いますのでご意見お待ちしていますw

« MMD杯の予選 | トップページ | MMDよしえver1.05 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103381/33194300

この記事へのトラックバック一覧です: 2010モデルのマクラーレン:

« MMD杯の予選 | トップページ | MMDよしえver1.05 »

オススメMEIKOさんの曲

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ