趣味

2010年3月11日 (木)

裏話的な

MMD杯に出した動画「星をつかむ 最終回1/2」のネタ元とか徒然と書いてみようと思います。まだ見てない人はご覧になってから読むことをおススメします。


 まずミクたちが作った飛行機&ロケットですが、実際にはバート・ルタン(Burt Rutan)と仲間たちの会社スケールドコンポジッツの作った機体「Spaceship One」です。これは有人(3人)で高度100キロメートルを達成した人に賞金1000万ドルをあげる "X Prize"というコンテストでこれを達成した機体です。民間人として初めて宇宙へ行った機体ということになってます。(100キロで宇宙と呼んでいいのか?という問題があるのですがそれは置いといて)

 この経験を元にスペースシップ・ツーが開発中でもうすぐ商業飛行が開始されます。お値段は2000万円ほどかかり、飛行時間は数時間で宇宙にいるのはほんの一瞬ですがw

 元々バート・ルタン氏のデザインする飛行機が大好きだったこともありハッピーホールPVを完成させた自分へのご褒美(スイーツ笑)としてモデリングし始めました。途中、別のモデルや動画を作ったりと寄り道しつつ内装のモデリングをしていたのが12月のことでした。

クリスマス頃にMMD杯の日程が発表され「アヒャ!このペースじゃ絶対間に合わねぇw」と尻に火が着き正月にPMD化してMMD上での作業と詳細なシナリオ書きを始め、最終的に完成したのは投稿直前でしたw

 シナリオの元ネタはニコニコ市場でロックしてある「なつのロケット」という漫画。作者はあさりよしとおさん、宇宙家族カールビンソンが有名かな?一部の男の子にはまんがサイエンスの作者と言った方が有名かも。

 この漫画のあらすじは小学生の仲間たちと町工場のおっちゃんがロケットを飛ばし人工衛星を打ち上げるという無茶な話。と思いきや、このロケットは実現可能となものとして衛星エンジニアの野田篤司さんが計算している。

 元の話に戻ろう。えっと、なつのロケットとモデリング中に見たスペースシップワンのドキュメンタリー1 を混ぜあわせ、意外と好きな熱血青春スポ根物風味(笑)を加えて出来たのがこの動画です。昔は大っキライだったんだけどねスポ根ものw

 ふわふわと気持ちよさそうに飛んでいるシーンが長いのは単純に母機の方が好きっていうのと、カブのイサキという漫画とスカイオデッセイというPS2のゲームの影響が大きいのかな?どっちも派手さが全く無いけど面白いです。カブのイサキは地面が10倍になった世界でカブというセスナみたいな飛行機で買出しに行ったりという日常を描いた漫画。スカイオデッセイは飛行機で列車の上に着陸して給油してもらいながら次の町を目指したり、谷間を落ちてくる岩を避けたりしながら飛びぬけたりとインディ・ジョーンズみたいなゲームで戦闘なんて全く無し、武器すらないです。

 そうそう、なんで今頃こんな記事を書いてるかというと「なつのロケット」が実際に打ち上げられることになったのです!
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/10/news071.html

野田篤司氏やあさりよしとお氏もこれに関わってるみたいです。

 ちなみにスペースシップワンの制作にかかったお金を出したのはヴァージングループの会長リチャード・ブランソン氏、なつのロケットの方はあのホリエモンこと堀江貴文氏。個人的には堀江氏のことは好きじゃないんだけど、お金儲けって悪いことばっかりじゃないと思うのよね。

2010年2月17日 (水)

SpaceshipOneを作って

気づいたことと碌でもない考察

□母機のWhiteknight
・着陸時の姿勢は6度ほど下向き。前下がりの姿勢ってかっこいいよね飛行機も車も
・エンジンの取り付け方向が水平ラインより約3度上を向いてる。
・主翼が中央から下反→上反→大きく上反へと変化している。これは子機を中央にぶら下げる空間を作るために下反角を持たせそのつじつまあわせのために上半角を持たせたと考えられる。
・主翼は下面にえぐりのあるスーパークリティカルに近い物を使用
・前輪は格納不可。燃費やスピードよりもデザインと軽量化を優先したものと思われる。主脚のタイヤも完全には格納されない。
・3胴型を採用した理由は尾翼を子機の後流の範囲から逃がすためと思われる。T字尾翼を採用した理由も同じ理由と考えられる。
・余談であるが、後継のSpaceShipTwoが2胴な理由も前段と同じ理由であると思われる。
・左右の胴の型は同じものを使用している。主脚の稼動軸の取り付けくぼみが共に右側にあることからわかる。
・母機と子機の主胴が同じ型で作られているのは有名な話。シミュレータも1台で共用しているらしい。
・エンジンパイロンにダクトが開いている。この周辺を写した写真が少なかったので詳しいことは不明
・エンジンはJ85を2機つまりF-5と同じもの、当然アフターバーナーつき。なのに主翼は直線翼。このミスマッチはデザイン上プロペラ機ではなくジェットにしたかったのと、たまたまJ85が安く手に入ったという理由ではないかと推測される。

□子機のSpaceship-One
・試験飛行とX-prize飛行 初の100キロチャレンジの間に胴後端の処理が大きく変わっている。空力上の大きな問題が見つかったのかもしれない。
・特異な形をしているようだが主翼中央で折れ曲がるという1点を除いては主翼+水平尾翼という一般的な水平飛行状態である。
・この中央で折れ曲がる構造は高度100キロからの落下時、通常の翼面積では抵抗が大きすぎることに対応するためかと思われる。
・ちなみにこの主翼を立てた時の最大角度は65度(Wikipediaより)

機体外部は数多くの写真を参考に、機体内部はいくつかの写真とQuicktimeを用いた3D映像を参考にしました。ちなみにうちのは高度100キロに最初にチャレンジした時の外装及びカラーリングです。
↓Quicktimeへのリンク
http://www.nasm.si.edu/exhibitions/GAl100/images/ss1/ss1_qtvr.mov
http://www.jongolden.com/page15/page21/page21.html

動画で使ったチェイス機はgoogle3Dから借りてきたビーチクラフト・スターシップにN514RSの番号とマーキングを入れたもの。実際のチェイス機3機のうちの1機とおんなじものです。

2009年9月23日 (水)

リノエアレース終了

今年のリノエアレースが終了しました。アンリミテッドクラスの結果を中心に公式サイトから。

1位はStrega (P-51D Mustang 改) 、決勝レースの平均速度は786.9km/hでした。以下2位がRare Bear (F8F-2 Bearcat改) で766.5km/h、3位がCzech Mate (Yak-11改)で742km/hでした。

予選は調子の上がらなかったレアベアがシルバークラスから2位まで上ってきたこと、そして決勝前日まで調子の良かったVoodooが決勝に出場できなかったことが大きな出来事でしょうか。前日のレースでは777km/hというスピードで優勝したStregaを抑えるほどの飛びっぷりをしていただけに残念です。ってかRidge runner IIIも763km/hも出ていたことにびっくり、こんなに速かったっけこの機体。

今年のレースは全体的にレベルが高かったようです。ただSeptember FuryやDago Redが出ていれば最高ですね。なかなか速い機体が本調子で揃うことが少ないのがこのレースの欠点かな

ちなみにジェットクラスの優勝機はL-29 Delfinの機体で820km/h、スポーツクラスの上に今年新設されたスーパースポーツクラスはNemesis NXTが優勝で平均速度は651km/hでした。

2009年9月16日 (水)

世界最速のレース

今年も無事に世界最速のレース、リノエアレースが開催されています。このレースはネバダ砂漠の真ん中リノという街で行われる飛行機のレースで、1週が約13kmから5km(クラスによって違う)の楕円形のコースを地面スレスレを飛んで行われます。

最も人気のあるunlimited classというクラスはガソリンエンジンとプロペラで飛んでいれば何でもOK。第2次大戦の時にゼロ戦と戦っていた戦闘機が、原形もとどめないほど魔改造され未だにレースを行っています。オンボロ飛行機と思われそうですがこの頃の戦闘機はすさまじく、ノーマル状態でF1マシンの3倍近い2000馬力を発揮。それを4000馬力程まで改造され最高時速が700km/hから800km/h弱にもなります。

他にも複葉機のクラスや御手製機体のクラス、果てはジェット機のクラスまであります。さすがにジェット戦闘機ではなくジェット練習機ですが、それでも800km/hちょっとまで出ます。

レースは1週間かけて行われ、今は予選レースの最中です。予選は1機づつ最高速度で順位付けをして、本戦は上から8機づつのレースです。毎年、数万人もの観客が訪れるそうです。

このレースのすごいところは草レースであるところ。つまり、賞金も何もまったく出ません。全員自費で飛行機を作ったり改造したり維持したりしているんです。戦闘機などになると維持するだけでも年間1千万円くらいかかります。そんなお金持ちがパイロットとしてレースに出場することも多いです。(レースでは毎年のように事故で死者も出るというのに!) やっぱりアメリカっていろんな意味ですごいなぁ、と思わされました。いつか実際に行って見てみたいなあ

公式サイトhttp://www.airrace.org

去年のレースの様子↓

2009年1月15日 (木)

FireFoxのおすすめアドオン

ニコニコやYoutubeから動画をダウンロードするのに便利なのが
YoutubeEncorder
インストールして動画のページで右クリックするとメニューから保存できる。MP3にも変換できるところがとっても便利。上手く保存できない時は動画のダウンロード中に保存すると良いみたいです。

あと、どうしてもFirefoxじゃダメなページがある人にオススメなのが
IEtab
これはボタン一つでIEモードとFireFoxモードを切り替えれるアドオン
いちいち起動しなくても良いので楽チン!でも、最近はIEじゃなきゃダメなページは少なくなったような・・

コネタマ参加中: Firefoxのアドオンでオススメは?

2008年10月16日 (木)

コトブキヤ・・・

かめーーーー、かめかめ!
カメが来たよ!マジかよ!
カメだよカメ?

・・・・・・失礼しました。あまりの嬉しさで興奮していますw
コトブキヤのゾイドHMMシリーズの新作が発表され、それが大好きなカノントータスだったのです!!!カメ好きなんだーー

画像

壁紙にしてじっくり眺めよう

その他のカテゴリー

オススメMEIKOさんの曲

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ